愛北釣レ然草

愛知県北部を拠点にした釣りブログ。管理釣り場のトラウト、海のルアーフィッシングをメインにナマズ、ブラックバスも楽しみます。

*

員弁川|ハヤを毛針フライで釣る

   

ハヤは身近なフライ対象魚だ

員弁川写真

フライフィッシングと聞くと何を連想するだろうか。

ニジマスだとかイワナだとか渓流魚。

いわゆるトラウトを思い浮かべる方がほとんどじゃないだろうか。

それらの魚も大変魅力的なのだが周りを見渡せばもっと身近に対象魚がいる。

それはハヤだとかハエと呼ばれる魚達だ。

具体的には、オイカワやアブラハヤ、カワムツなんかをそうやって呼ぶ。

一応、食べることもできる魚だ。

骨が多く、塩焼きだと物足りなさを感じるが甘露煮などにするとなかなか酒が進む。

また近年、その鮮やかな婚姻色により飼育用にも注目されている魚達だ。

飼育は流れを作ったり飛び跳ね防止の蓋を作ったりで大変なのだが。

釣っても食べても観ても嬉しい素敵な魚なのだ。

そんなハヤ達を今回は三重県いなべ市の員弁川で狙うことにした。

 

ハヤの毛針釣りは奥深い

釣行は2017年2月頃の事。

時間は夕方で傾きかけたくらいの時間だ。

この時期は比較的気温も寒く他の対象魚はアタリがなくなったり禁漁だったりで釣りにならない。

そんな時でも楽しめるのがこの釣りだ。

まずは員弁川にそって進み、水面にボイルがないか念入りに探す

実際これがないと全く話にならない。

いるかいない分からないところで虚しくキャストを繰り返すだけになってしまう。

まずは魚がいるところまで歩いて行くのが一番の近道だ。

この日は大安のイオン付近の支流でボイルが見られた為、ここが本日の釣り場となった。

使用するフライは自分でタイイングしたエルクヘアカディス

大きさは26番くらいのフライフックを使った為、かなり小さい。

まずはボイルのあった付近にフライをキャストし流れに沿って浮かばせる。

1投毎に何回か喰らいついてくるものの口が小さくアワセが難しい。

だが、それがこの釣りの醍醐味。

そんなことを何度か繰り返す。

なかなかフッキングされてくれない。

まるでクレーンゲームの景品がなかなか取れない時のようにムキになる自分がいる。

それを一歩引いたところから観察し面白がる自分がいる。

そして、待望の初ヒット。

員弁川のオイカワ

引きは小さいがこの1匹がたまらなく嬉しい。

そしてコツを掴んでくると連続ヒットなんてこともしばしば。

対象魚が小さいと侮るなかれ。

この釣りは大きさだけを求めるものにあらず。

そして、これが渓流でのトラウト釣りの極意に通じているから奥深い

この日は2時間程で12匹上げた辺りで暗くなり、肉まんを頬張りながら帰路についた。

 - 日記, 淡水魚, 釣り , , ,

        

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

ルアーで狙う木曽川マリーナのシーバス釣行

愛知県弥富市の穴場スポットへ 先日の仕事終わりの事。 比較的、時間にも余裕があっ …

霞埠頭のルアー釣り(〜2016年5月まで後編)

霞埠頭で楽しむルアーフィッシング 前回の霞埠頭!ルアーで狙うシーバス、メバル等( …

木曽川のテトラ釣り

昨日は愛知県北部の木曽川にてテトラ釣りをして遊んできた。 長期連休で時間的にも少 …

ブラックバスの定食料理

バス釣り帰りに衝撃の定食メニュー もう10年くらいは前の話になる。 富士五湖(確 …

知多半島でワタリガニ

釣れる!捕れる!ワタリガニ 市場をブラリと散策すると時期によりワタリガニなんても …

70cm級連発!青木川のコイをパンフライで釣る

2019年1月下旬。 愛知県一宮市を流れる青木川を訪れた。 休日ということもあり …

日本ライン漁協マス釣り場で激安フライフィッシングを楽しむ

2019年1月下旬。 フライロッドを片手に岐阜県美濃加茂市へと車を走らせた。 日 …

タイノエ|魚の口の中で密かに笑う寄生虫

先日、タイの釣り漁船に乗ってきた。 国ではなく魚の鯛だ。 愛知県師崎出発の早朝出 …

りんくう常滑でメバル釣り

セントレア常滑港前島 ちょっと時間が空いた時にかるーい気持ちで釣りに行けるのが愛 …

釣った魚を生かして持ち帰るカンタンな方法をご紹介

釣魚を生かして持ち帰るメリット 釣った魚の持ち帰り方法だが、皆様はいかがされてい …