愛北釣レ然草

愛知県北部を拠点にした釣りブログ。管理釣り場のトラウト、海のルアーフィッシングをメインにナマズ、ブラックバスも楽しみます。

*

知多沖でのハゼを使ったカサゴ釣り

   

師崎付近での五目釣りに挑戦

釣行時期は2017年3月後半だったかと思う。

知り合いの船でメバルやらの五目釣りをやろうという話になりご一緒させてもらった。

3月といえどもまだまだ寒い。

オマケに小さな漁船だったので波が入ってくることもあり雨合羽と長靴は必須な状態での釣行だ。

途中、波に揺られ転覆の危機に晒されたりもしたがなかなか良い釣行になった。

釣行果からいうとこんな感じだ。

カサゴ大漁

五目は難しかったもののカサゴが大漁。

美味しい煮付けを嫌というほど食べられるよう状態だ。

ちなみにエサは冷凍されたハゼを針にチョン掛けしただけのもの。

本当にこんなエサで釣れるのかと思う程の白くふやけたハゼを使用した。

ラインの一番下にナス型オモリを配置し、仕掛けは4号ラインをトリプルサルカンで分岐させた針2本のもの。

それを海底にある岩礁帯スレスレのところで漂わせる。

魚がいるところに落ちればスグにでもアタリがくる。

ちなみにショボい竿を使った為、アワセは入れない。

向こうアワセというやつだ。

それでも十分なくらい釣り上がる。

とりあえず引きは感じない。

上げてくるまでにカサゴが水圧で潰れて死ぬからだ。

船の上では微動だにしない。

魚屋に並んでいるカサゴを水中で誰かが針に引っ掛けたみたいな感覚だ。

出目金みたいに目が飛び出したカサゴがズラッと不気味に生簀を彩る。

カサゴに飽きると仲間達が競って生きたままのカサゴを釣ろうという話になる。

ゆっくり上げてきて水圧で潰れるのを防止しようということだが、誰も成功させられないまま竿仕舞い。

誰も彼も気が短いから仕方ないことだ。

はっきり言ってゆっくり巻き上げてくることなどできるはずがないメンバーだ。

私は密かにそう思い帰路についた。

 - 日記, 海水魚, 釣り , , ,

        

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

庄内緑地付近の釣りでシーバス登場

庄内川で狙うブラックバスのはずが 愛知県名古屋市を流れる庄内川にブラックバスを狙 …

員弁川|ハヤを毛針フライで釣る

ハヤは身近なフライ対象魚だ フライフィッシングと聞くと何を連想するだろうか。 ニ …

大江川|フライフィッシングでバスを釣る

フライでバスは簡単に釣れる ブラックバスの釣りと聞いて皆様はどんなものをイメージ …

釣った魚を生かして持ち帰るカンタンな方法をご紹介

釣魚を生かして持ち帰るメリット 釣った魚の持ち帰り方法だが、皆様はいかがされてい …

管釣り縦釣りルアーを自分で作る方法を考える

超簡単なオリジナルルアー製作への挑戦 自分作のルアーを作ろうとしたキッカケ 近頃 …

りんくう常滑でメバル釣り

セントレア常滑港前島 ちょっと時間が空いた時にかるーい気持ちで釣りに行けるのが愛 …

琵琶湖でも生きられるサメの話

淡水ザメは存在するのか? 都市伝説と淡水ザメの実態 この時期にサメの話を書くのは …

ブラックバスの定食料理

バス釣り帰りに衝撃の定食メニュー もう10年くらいは前の話になる。 富士五湖(確 …

木曽川のテトラ釣り

昨日は愛知県北部の木曽川にてテトラ釣りをして遊んできた。 長期連休で時間的にも少 …

70cm級連発!青木川のコイをパンフライで釣る

2019年1月下旬。 愛知県一宮市を流れる青木川を訪れた。 休日ということもあり …