愛北釣レ然草

愛知県北部を拠点にした釣りブログ。管理釣り場のトラウト、海のルアーフィッシングをメインにナマズ、ブラックバスも楽しみます。

*

鈴鹿川|ハゼのアオイソメ投げ釣り

   

三重県の河川でハゼを狙う

先日、三重県四日市市を流れる鈴鹿川に釣行した。

釣行日は2017年11月初旬のことだ。

当初はシーバスルアーの予定だったが立っていられないほどの強風のため投げ釣りに変更した。

予備で購入しておいたアオイソメが役に立つことになった。

今回の投げ釣りの仕掛けだが特に何も意識せず簡単なものを使用した。

具体的にはダイソーのジェット天秤に市販の投げ仕掛けを着けただけのモノ。

風は強かったが風上からなら問題なく投げられた。

風が強い時は竿を寝かせ可能な限り水中で糸を張るように心がける。

それだけでもアタリの取れ方に差がでるように思う。

竿先を水中にして極力身体への風の抵抗を減らす格好で釣りをしたわけなのだが、最終的にホフクの格好で落ち着いた。

周りに人影が無かったのが幸いだ。

もしも目撃されていたら、人が倒れているとか変質者扱いをされることだろう。

あながち間違いでも無い気がするが。

話が逸れてしまった。

実際の釣果だがハゼのいいサイズの個体がたくさんに釣れた。

員弁川ハゼ

その時、風の影響が少ないのを見計らって撮影した画像が上の写真。

食べ応えのある良いサイズのハゼだ。

この大きさのハゼが鈴鹿川の河口にはたくさん生息しているようだ。

投げてしばらく放置後、脈でアタリが確認できる。

風さえなければ小さな子供でも飽きずに楽しめるくらいの魚影の濃さを実感した。

ちなみに比較的手前でアタリが取れている。

足元から約3メートルもないくらいだろう。

長めの竿を用意すれば竿先から落とすだけでも良さそうだ。

この日は12時~18時の間に40匹くらいは上がったと思う。

食用と釣り針を飲み込んで死んでしまったもの以外は全てリリースした。

補足だが、ハゼ釣りをする上で少し神経質にならないといけない事もある。

それはツムギハゼの存在である。

比較的東海エリアでは目撃情報が少ないようだが注意が必要だ。

なぜなら、テトロドトキシン所謂ふぐ毒というものを持っているからだ。

この毒物を危険性でいえば青酸カリの800~1000倍だとか。

とりあえず食した場合の致死率は高めと判断できる。

さらにこのツムギハゼは釣ったばかりだと食用のハゼとの見分けがつきにくいという話もある。

唯一の違いとすれば大きめの3つの斑紋くらいか。

ファミリーフィッシングで狙いやすい対象魚だけに保護者は必ず注意が必要だ。

最後に怖い話をしてしまったが、鈴鹿川のハゼ釣りはなかなかに面白い。

興味がある方はアオイソメを片手にトライしてみてほしい。

 - 日記, 海水魚, 淡水魚, 釣り , , ,

        

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

ブラックバスの定食料理

バス釣り帰りに衝撃の定食メニュー もう10年くらいは前の話になる。 富士五湖(確 …

ヨシノボリの飼育|釣った魚を育てよう

ヨシノボリの育て方(?) 飼育をはじめてだいたい1年が経ったので記載をしようと思 …

員弁川|ハヤを毛針フライで釣る

ハヤは身近なフライ対象魚だ フライフィッシングと聞くと何を連想するだろうか。 ニ …

霞埠頭のルアー釣り(〜2016年5月まで後編)

霞埠頭で楽しむルアーフィッシング 前回の霞埠頭!ルアーで狙うシーバス、メバル等( …

名古屋港のメバリング

名古屋市近郊の港でメバル遊び 名古屋港でルアーフィッシングと聞くと、シーバスをイ …

木曽川のテトラ釣り

昨日は愛知県北部の木曽川にてテトラ釣りをして遊んできた。 長期連休で時間的にも少 …

大江川|フライフィッシングでバスを釣る

フライでバスは簡単に釣れる ブラックバスの釣りと聞いて皆様はどんなものをイメージ …

庄内川のブラックバスの話

名古屋市を流れる庄内川 庄内川での思い出 私は名古屋市西部で生まれ育った。 幼い …

篠島で投げ釣りのキス|2016年5月の釣果

2016年5月、篠島釣行を決行 4月末〜5月初旬の長期連休を利用して篠島釣行を決 …

タイノエ|魚の口の中で密かに笑う寄生虫

先日、タイの釣り漁船に乗ってきた。 国ではなく魚の鯛だ。 愛知県師崎出発の早朝出 …