愛北釣レ然草

愛知県北部を拠点にした釣りブログ。管理釣り場のトラウト、海のルアーフィッシングをメインにナマズ、ブラックバスも楽しみます。

*

トラウト管理釣り入門に最適なラインを考える

      2015/01/12

初心者にも扱いやすいラインとは

ラインの役割

釣りをする上で重要なポジションにあるのがラインだ。

もしかすると、ロッドやリールなどよりも重要な位置にあるのがこのラインかもしれない。

今日の管理釣り場ではラインを使ってアタリをとるケースが増えてきている。

しかも、種類によってはラインブレイクを軽減してくれるものも存在する。

故にライン選びを蔑ろにするという事は、爆釣の可能性を自ら進んで捨ててしまうようなものだ。

管釣り初心者であれば尚も気をつけてほしい重要な釣具なのだ。

今回は、そんなラインについて少しだけ考えてみたいと思う。

 

トラウトフィッシングで使用するラインの種類

管理釣り場でのトラウトゲームでは主に次の3種のラインを使用する。

種類と特徴は以下の通りだ。

ナイロンライン

ほぼ水と比重が同じで自然に水に馴染むことができるが、ライン自体の吸水性能が高いため水中での長時間の使用には向かない。また強い力に対してライン自体が伸びて対応できる。ヨレたりクセがついたりしやすいデメリットもある。

フロロカーボンライン

ナイロンラインに比べて比重が重いのでライン自体が沈みやすい。縮れやクセがつきにくく、ライン自体が重いので風がある時に真価を発揮してくれる。収縮性が低いため急激な引きに対応できずラインブレイクに陥るケースも。

PEライン

全ラインの中で強度と耐久性は最強クラスと言える。視認性が高いがトラウトからもラインがしっかりと見えてしまうため警戒心を煽る。障害物等のスレに弱く注意が必要。比重が極端に軽いため向かい風の時には釣りにならない場合すらある。

 

トラウトに最適なラインの太さ

管理釣り場に適したラインの太さは諸説ある。

一般的に2lb〜4lbと様々だが、初心者が使いやすいのは3lbくらいだと思う。

太すぎてもルアーの飛距離が出ないし、細すぎても過度なファイトに対応しきれない。

また、トラウトの場合は牙でラインを切られてしまう場合もあるので、初心者でもファイトできる最低限の太さのラインを使用したい。

 

初心者がトラウトのライン選びをするならば

以上のことから初心者がトラウトラインを選ぶにあたって選択したいものを考えてみる。

まずはラインの種類だ。

フロロカーボンではアワセの力加減で糸が切れてしまう場合もあるし、PEラインでは確実にリーダー等の結束が必須になる。

それらを考慮すると種類はナイロンで決まりだ。

ナイロンラインなら急なバイトによる一時的なラインブレイクを多少は軽減できること、価格帯が求めやすいところも含めての話。

あとは、先程も記載させてもらったように3lbのラインを使用するということ。

ということで初心者にオススメのトラウトラインはこんな感じ。

ナイロンライン3lbでクリア系カラー

 

最後にトラウトラインの注意点

最後にというか捕捉させてもらいたいことがある。

まずはラインのカラー。

これは、人間からもよく見えるカラーは同じく魚からもよく見えてしまう。

釣られた経験の少ない若い個体の場合は気にせずにアタックしてくる場合もあるが、警戒心の強い種類や釣られ慣れた大型の個体の場合はラインの色に警戒してしまう場合がある。

それを避けるために初心者にはクリア系のカラーをオススメしたい。

日光などが当たると光って目立ってしまう場合もあるが、他の有色ラインよりも利用しやすい。

それから、ラインの劣化についてだ。

細いラインを頻繁に使用するトラウト釣りでは適度なメンテナンスが必須だ。

ラインを指でなぞってゴツゴツした感覚があるようなら傷んでしまっている可能性が高い。

迷わずに傷んだ部分を切ってしまうのが得策。

あまりにもラインが痛み過ぎるとラインブレイクを招き、ルアーのロスト数も半端な数では済まなくなってしまうからだ。

長々と書いてしまったが、以上のような点に注意してトラウトラインを選びたいところ。

ただ、以前の記事でも触れたが釣り方によってはナイロンラインよりも他のラインの方が効率が良いものもある。

自分がしたい釣り方に合ったラインを選ぶのが実際のところコスパ的にも最高だろう。

 

 - トラウト , ,

        

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

クレイジーボム購入!これで悶絶エリアも怖くない!

管理釣り場で悶絶タイムを攻略できるルアーを探して 釣り具の上州屋にて 昨日、仕事 …

管釣り縦釣りルアーを自分で作る方法を考える

超簡単なオリジナルルアー製作への挑戦 自分作のルアーを作ろうとしたキッカケ 近頃 …

管理釣り場のリールは何故1000番~2000番なのか

トラウト専用リールについて考える 管理釣り場専用リールを探していた時の話 先日の …

2014年後半の北方管理釣り場

2014年北方管理釣り場で冬を遊ぶ 北方管理釣り場出撃当日 数日程前の話しになる …

トラウトフィッシング初心者が初めの1匹を釣るためのロッドの選び方

エリアフィッシングにトラウトロッドは必要か バスロッドで管理釣り場のトラウトを釣 …

管理釣り場初心者のためのスプーン選びとカラーローテ

エリアフィッシングの必需品としてのスプーン スプーンというルアーについて スプー …